So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

利権政治が大手を振って [政治]

 

 

文科省の局長の受託収賄も森友・加計問題に水脈がつながっているように思います。

 

「みんなの広場 森友学園問題早く解決して=80歳  毎日新聞201876

6月27日夕刊の「熱血!与良政談」(西部本社版)を読んで、イライラ、モヤモヤが少し解消された気がします。自民党の穴見陽一氏が参考人に対し「いいかげんにしろ」とヤジを飛ばしたのには悲しくなります。議員のおごりとしか思えません。相手の身になることができない人が、よく国会議員として席をあたためているものです。

安倍晋三首相の妻昭恵氏が、東京都内で開かれたトークショーで罪の意識も反省もなく「ちょっと立ち止まりなさいという神様からのご褒美なのかな」などと発言したそうだ。改ざんを指示されて悩み、自殺したとみられる近畿財務局職員がどんなに苦悩したか、悲しく悔しく涙がにじんできます。「首相から」と森友学園へ100万円を渡したという昭恵氏にウソかまことかをお聞きしたい。

 与良正男氏が言われるように「人の心がわからない人たちが強い立場を利用して守られているのを見過ごすわけにはいかない」との意見に同感です。」

 

利権まみれの政治にすりよっていく政党がいることも驚きです。


nice!(0)  コメント(0) 

遺憾はいかん [政治]

 

 

今回の豪雨に対する対策本部が遅かったという指摘がネットで流れています。

 

「政府 非常災害対策本部設置 熊本地震以来201878 815分NHK

政府は、記録的な大雨で各地で大きな被害が出ていることから、8日午前8時、「非常災害対策本部」を設置しました。「非常災害対策本部」は、災害対策基本法に基づき内閣総理大臣が臨時に設置するもので、設置されるのはおととし4月の熊本地震以来です。(以下略)」

 

政府の本部は熊本地震に続いてなので遅かったのかどうかは判断が分かれそうですが。

少し前の経済の動きからのコラムです。

 

「コラム 気流

為替が円安ドル高に振れたニュースに、金融担当記者が「やばい」と一言。円安は輸出企業に追い風となり、景気にはプラスのはず。なぜか尋ねると「日本経済に好材料じゃないですか」▽30代後半。若者言葉を使うなんて、と思い広辞苑を引くと、手元の第5版は「不都合である、危険である」。最新の第7版で調べると「のめり込みそうである」と肯定的な意味が追加しであった。正反対の意味で使われては、コミユニケーションが成り立たない。やばいは紙面ではなるだけ使わない決まりだ▽政治家が好んで使う「遺憾」も意味が伝わらない言葉。安倍晋三 首相は、森友学園が小学校の寄付集めに首相の名を使っていたことも、自衛隊イラク派遣部隊の日報が1年以上隠蔽されていたことも「遺憾である」。これでは抗議か反省か十分からない。遺憾はいかん。」(2018425日西日本新聞)

情報の隠蔽・改竄が珍しくなくなりました。それは遺憾なことです。

 

次のような投稿もありました。

 

「森友や日報・・・ 心底うんざり 80

テレビ、新聞は連日、森友学園、防衛省の日報、加計学園でにぎわっている。 国民は怒りとともに、心底うんざりだ。昨年から「忖度」という字があふれ、小学生でもその意味が分かるほどに。やはり、安倍1強のおごりと弊害が如実に表れているようである。 官僚主導から政府主導になったものの、内閣人事局導入で一変した。上位官僚Jの多くは恐れをなして忖度に動き、政府側は強権で有無を言わせない姿勢である。森友学園を巡る文書改ざん問題の佐川宣寿氏しかり、加計学園問題の柳瀬唯夫氏もそうだ。どこかで歯車が狂い始めたようである。安倍政権も長期となり、強権そのもの「政」と「官」のバランスはウィンウィンが望ましい。小選挙区制の弊害も曲がり角かも。それはさておき、事の真意を知るべく、日々、目が離せない。」(同前)


nice!(0)  コメント(0) 

役所だけの問題か [政治]

 

 

文科省の収賄事件は掘り下げての報道がない。

 

「 オピニオン  春秋

 あすは七夕。中国ではこの日、織り姫にあやかって裁縫が上手になるよう祈願した。日本に伝わり、和歌や書の上達を短冊に書いて願う風習が広まったそうだ

▼「志望校に合格しますように」。ずいぶん昔、短冊に書いた記憶がある。子どもの合格を祈ったことも。もちろん「裏口からでも」と願った覚えはないが

▼文部科学省の局長が、東京医科大が国の支援事業の対象に選ばれるよう働き掛ける見返りに、自分の子の裏口入学を求めたという。入試の点数を水増しして合格にしてもらったとか。これが選定に便宜を図った「謝礼」と見なされ、受託収賄の疑いで逮捕された

▼事実ならば、許されない公権力の私物化、悪用である。その陰で不合格になった子がいるかも、と思えば怒りは募る。教育行政の元締である文科省の、それも事務次官候補と目されたトップ官僚が。開いた口がふさがらぬ

▼この役所はどうなっているのか。組織的な天下りや加計(かけ)学園問題など不祥事続き。裏口入学が行われたのは天下りが批判を浴び、綱紀粛正が叫ばれるさなかだった。その文科省が「善悪の判断などの規範意識を身に付けることはとても重要」と道徳教育の旗を振るなど片腹痛い

▼あすの予報は雨模様。七夕に降る雨は、天の川を渡れずに会えなかった織り姫とひこ星が流す涙といわれる。こんな人たちに子どもの教育を委ねなければならない国民こそ泣きたくなる。=2018/07/06付 西日本新聞朝刊=」

 

利権政治の延長ではないか。大学側のトップが辞任したので収賄はあったのでしよう。マスコミの反応は弱いのではないか。文科省の前次官に対する介入など忖度政治の影響もあるのではないか。

  

 


nice!(0)  コメント(0) 

誰のために作るのですか [政治]

 

 

森友・加計と続く疑惑がありながらのカジノなどの施設づくりは何のためなのでしょうか。

もうすでに公営賭博はあります。

 

「不運を踏み台 IR法案反対 67

政府は統合型リゾート施設(IR)法案の成立を目指しているとか。カジノのほかホテルや劇場、ミュ一ジアム、ショッピングモ一ルなどを一つの区域に含む統合施設。雇用を生み出し、ものすごい経済効果を生み出すのだという。世界ではマカオやラスベガス、シンガポールなど多くの国や地域で設置され、市場規模は10兆円超。全体面積の5%程度のカジノがIR全体の売上高の80%以上を売り上げる。まさにお金を生み出す玉手箱だ。

しかし、カジノはギャンブルだ。刑法にいう賭博罪は犯罪である。日本では競馬、競輪、ボートレース(競 艇)、オートレースなどの ギャンブルは法的に許されている。個人で賭博を行えば犯罪になり、地方自治体 などが行えば犯罪にならないというのもおかしな話だ。(以下略)」(2018414日西日本新聞)

 

今もって納得できる説明に出会わない。

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

新聞を読む自民党支持者も [政治]

 

 

「麻生氏 「新聞読まぬ人は全部自民」 昨秋の衆院選 毎日新聞2018624 

麻生太郎副総理兼財務相は24日、新潟県新発田市で講演し、昨年秋の衆院選に関し、30代前半までの若い有権者層で自民党の得票率が高かったとした上で「一番新聞を読まない世代だ。読まない人は全部自民党(の支持)だ」と述べた。 (以下略)」

 

麻生氏は本当はどう言いたかったのか。新聞を読むなということか・・・。

1980年代から始まった税制の改定で格差が増えた。自民党の支持者が増えたわけではない。小選挙区制度で不公平議席の結果ではないか。

 

「(声)税の不公平感増す社会は変だ 72歳 2018625日朝日新聞

 一般的な働く世帯の税と社会保険料の負担が、この30年ほどで月に約3万4千円、率にして36%増えたそうだ。私も近年、税の不平等が拡大してきていると感じている。

 税の平等には縦の公平(所得の多い人は多く税を納める)と横の公平(誰もが同じように税を納める)がある。所得税のような直接税と、消費税のように事業主らが徴収して納める間接税のバランスも大切である。

 しかし、高所得者の税率が下げられて縦の公平が壊れている。昔はぜいたく品にだけかけられていた物品税が消費税になり、生活必需品にも一律に課税されることで、高所得者より低所得者の負担が重くなる「逆進性」の悪影響が出ている。(以下略)」


nice!(0)  コメント(0) 

「ゲリマンダー」 [政治]

 

 

ネットによれば

「デジタル大辞泉の解説 ゲリマンダー(gerrymander

特定の政党・候補者に有利なように選挙区の区割りをすること。また、そのような選挙区。1812年、米国マサチューセッツ州知事E=ゲリーが自党に有利なように区割りした選挙区の形が、サラマンダー(伝説上のトカゲ)に似ていたことから作られた語。」とあります。

 

「自民の参院6増案 党利党略の「抜本見直し」

自民党が、参院議員定数を「6増」し比例代表の一部に拘束名簿方式を導入する公職選挙法改正案を国 会に提出した。2016年 参院選から導入された「鳥 取・島根」「徳島・高知」 の合区対象県の候補者救済が狙いで、野党は「党利党略の産物」(志位和夫共産党委員長)と反発している。

Q選挙制度改革はなぜ必要なの。

A15年に改正された公選法の付則に、19年参院選に向け「抜本的な見直しを行い、必ず結論を得る」と明記されているからだよ

Q自民案のポイントを教えて。

Aまず、「1票の格差」 を最大3倍未満にするため、議員1人当たりの有権者数が最多の埼玉県選挙区の定数を6から8に増やす。さらに、比例代表の定数を4増やした上で、現行の非拘束名簿方式の一部に 拘束名簿方式を導入し、拘束名簿への記載者を当選圏内こあらかじめ優遇する「特定枠」を設けることだ。

Q野党は党利党略的と批判している。

Aそもそも自民は憲法改正で合区を解消しようとしてきたのに、実現困難として、突然この案を出してきた。実は19年参院選で改選を迎える合区対象県の現職は、合区導入前の13年参 院選の選挙区で当選した自 民の現職4人だけなんだ。

Qあからさまだね。

Aそうだ。野党からは、 自党に有利になるように選 挙区割りをする「ゲリマンダー」をもじって、「ジミ (自民)マンダー」(希望の党の松沢成文代表)との厳しい批判も出ているよ。

(以下略)」(2018620日西日本新聞)

 

何でもありの自民党でいいのですか。


nice!(0)  コメント(0) 

暴言を繰り返し [政治]

 

「ニュース川柳

・天災に人災も石垣も

・元凶は1強与えし我々か

・踊り過ぎソンが積もった阿波踊り

・財務相同郷と知り立ち眩み  」(2018423日西日本新聞)

 

 

「『セクハラとは縁遠い方々』

NSで女性議員やゆ

自民・長尾氏

自民党の長尾敬衆院議員(大阪 14)が、野党の女性議員らがセクハラ撲滅を訴える場面の写真を 添付して「私にとって、セクハラ とは縁遠い方々」とやゆする投稿 を自身のツイッターにしていたことが22日、分かった。(以下略)」(同前)

 

国民を無視した発言が繰り返されています。こんな自民党に国を任せるのですか。

 

「通所介護中に買い物代行厚労守制限緩和へ

高齢者が日帰りで施設に通う通所介通所介護利用中の保険外サービスと利用者が滞在中に職員に買い物の代行や外出の付き添いなどをしてもらうことを認める方針を決めた。

介護保険適用のサービスと保険外サービスを組み合わせて使うことは「混合介護」と呼ばれ、一部制限されている。(以下略)」(同前)

 


nice!(0)  コメント(0) 

愛媛県知事に拍手した [政治]

 

 

「コラム 花時計

青い空、見渡す限りの畑と山のもと、作業着に身を包み談笑しながら収穫に汗を流す若者たち。4月下旬、障害者の就労を支援する福岡市の事業所が那珂川町で開いたタマネギの収穫祭に参加した。事業所の利用者が育てたもので、告知で開催を知った一般の人もいた。「農作業を初めてから、野菜を食べられるようになった」と利用者。 自分で育てたものだから こそ、いとおしさが出て くるのだろうか。「体力がつき、よく笑うようになった」とも。農作業は精神面や体力面でプラスの効果をもたらすと言われているが、それを実感した私も農作業は数年ぶりだった。生きているものに触れる心地よさだろうか、笑みがこぼれる。

「自然ってすごいね」。利用者のつぶやきに深くうなずいた。(小林稔子) 」(2018525日西日本新聞)

 

障害者施設の活動が紹介されていてうれしく思いました。

同じく嬉しかったのは、愛媛県知事の事実を述べ、公務員としての誇りとしても事実を明らかにする姿勢に共感します。

 

「コラム 気流

加計学園問題で注目を集める愛媛県の中村時広知事。 首相や柳瀬唯夫元首相秘書官のこれまでの国会答弁と相いれない内容を含む文書を正直に公表。県のホー ムページで記者会見要旨を読むと、201542日に官邸を訪ねた県職員らの様子が目に浮かぶようだ官邸入りを認められた6人がテーブルに座り柳瀬氏らと向き合った。右3人が県職員で、残りは今治市職員と加計学園関係者。メモを見ながら県の立場を説明するのは県職員の誇りとして許されない。そう上司に言われた県職員は「一生懸命全て頭にたたき込んで発言をした」そうだ参考人招致で加計学園関係者との面会は認め「10近くの随行者の中に愛媛県職員や今治市職員がいたのかもしれの利用者がない」と逃げた柳瀬氏。ディテールの違いは記録と記憶の差か?否、真実と作り話の違いだろう。」(同前)

 

 


nice!(1)  コメント(0) 

「この味がいいね」 [政治]

 

 

「町議補選、立候補ゼロ 宮崎・五ケ瀬町 報酬県内最低、若者敬遠|【西日本新聞】 」

という。

 

 「オピニオン   春秋

 〈「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日〉。言わずと知れた歌人、俵万智さんの代表作。31年前に出版した第1歌集「サラダ記念日」はベストセラーになった

▼〈「獣医大はいいね」と君が言ったから二月二十五日は加計(かけ)記念日〉。加計学園の獣医学部新設を巡る新たな文書を愛媛県が国会に提出した。そこには2015年2月25日、加計学園理事長と安倍晋三首相が面会した、との記述が

▼文書によると、理事長が「国際水準の獣医学教育を目指す」などと説明。首相は「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」と応じたという。あれれ、話が違うぞ

▼首相はこれまで、学園の計画を初めて知ったのは「17年1月20日」と断言。理事長と親しい間柄だが「(獣医学部新設の件では)話は一切なかった」とし、当時の秘書官が学園関係者と面会したことについても「報告は受けていない」と言い切った(以下略)=2018/05/23付 西日本新聞朝刊=」

  

  「獣医大はいいね」の記録は廃棄したというが都合のいいときは文書が出てきます。都合のいい記録で良いのか。


nice!(0)  コメント(0) 

学び方が問題 [政治]

 

 

人工知能のことを論じた将棋の羽生善治氏の著書からです。

 

pepperのための学校

その意味で、人工知能やロボットで鍵になるのは、やはり学習です。最前線の研究者、開発者の話を聞けば聞くほど、いかにうまく人工知能に学習させていくかに苦慮し、心を砕いているように思えました。例えば、先ほどのpepperの取材でも、 「pepperのための学校が必要だ」という印象的な言葉を聞きました。」(『人工知能の核心』)

 

学習をどうするかが課題だという。

当時のマスコミは政治主導になると任命権の移行に賛成していたように思うが・・・。

 

「官邸に任命権忖度を招いた  65

長期の権力は腐敗する。もはや真理のようだ。だから、各国は権力者の任期を厳格に規定する。それに逆行したのが中国。習近平・国家主席の任期210年の憲法条文を撤廃した。習主席の再任投票では、賛成2970票、棄権・反対はO票だった。中国がいずれ米国を抜 き、世界第1位の経済大国になるという観測もある中、実質的な「独裁国家」中国がどんな道を歩むのか、注視しなければならない。翻って日本では不安定な短期政権に嫌気が差した 国民が、長期安定政権を望んだ。が、強い安定政権になると、それにおもねる人たちが出てくるのも世の習い、やはり批判勢力は必要であり、その先頭を切るのがメディアの役目だろう。(以下略)」(2018331日西日本新聞)


nice!(0)  コメント(0)