So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

遺憾はいかん [政治]

 

 

今回の豪雨に対する対策本部が遅かったという指摘がネットで流れています。

 

「政府 非常災害対策本部設置 熊本地震以来201878 815分NHK

政府は、記録的な大雨で各地で大きな被害が出ていることから、8日午前8時、「非常災害対策本部」を設置しました。「非常災害対策本部」は、災害対策基本法に基づき内閣総理大臣が臨時に設置するもので、設置されるのはおととし4月の熊本地震以来です。(以下略)」

 

政府の本部は熊本地震に続いてなので遅かったのかどうかは判断が分かれそうですが。

少し前の経済の動きからのコラムです。

 

「コラム 気流

為替が円安ドル高に振れたニュースに、金融担当記者が「やばい」と一言。円安は輸出企業に追い風となり、景気にはプラスのはず。なぜか尋ねると「日本経済に好材料じゃないですか」▽30代後半。若者言葉を使うなんて、と思い広辞苑を引くと、手元の第5版は「不都合である、危険である」。最新の第7版で調べると「のめり込みそうである」と肯定的な意味が追加しであった。正反対の意味で使われては、コミユニケーションが成り立たない。やばいは紙面ではなるだけ使わない決まりだ▽政治家が好んで使う「遺憾」も意味が伝わらない言葉。安倍晋三 首相は、森友学園が小学校の寄付集めに首相の名を使っていたことも、自衛隊イラク派遣部隊の日報が1年以上隠蔽されていたことも「遺憾である」。これでは抗議か反省か十分からない。遺憾はいかん。」(2018425日西日本新聞)

情報の隠蔽・改竄が珍しくなくなりました。それは遺憾なことです。

 

次のような投稿もありました。

 

「森友や日報・・・ 心底うんざり 80

テレビ、新聞は連日、森友学園、防衛省の日報、加計学園でにぎわっている。 国民は怒りとともに、心底うんざりだ。昨年から「忖度」という字があふれ、小学生でもその意味が分かるほどに。やはり、安倍1強のおごりと弊害が如実に表れているようである。 官僚主導から政府主導になったものの、内閣人事局導入で一変した。上位官僚Jの多くは恐れをなして忖度に動き、政府側は強権で有無を言わせない姿勢である。森友学園を巡る文書改ざん問題の佐川宣寿氏しかり、加計学園問題の柳瀬唯夫氏もそうだ。どこかで歯車が狂い始めたようである。安倍政権も長期となり、強権そのもの「政」と「官」のバランスはウィンウィンが望ましい。小選挙区制の弊害も曲がり角かも。それはさておき、事の真意を知るべく、日々、目が離せない。」(同前)


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。