So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

働く者の意識も [働く]

 

 

高プロの制度を待ち望んだのは誰か。国会延期までして成立を願ったのは誰か。やがて働く人たちの苦難が現実化するでしょう。でも、働きかたには様々な問題があります。次の投稿も現実です。

 

「(声)働き方改革、しわ寄せは誰に 57歳 2018629日朝日新聞

 私が勤務している派遣先の会社では、働き方改革の取り組みとして、水・金曜日と給料日は定時退社、他の曜日は午後8時までの退社を推奨しています。課長によっては、その都度、定時退社を促す周知メールを一斉送信したり、一人一人に言って回ったりすることもあります。

 それは一見、一人一人に気配り、目配りが届いていて良いことに思えます。ただ、定時で仕事を終わらせて帰りたい気持ちは山々ですが、どうしてもその日のうちに仕上げなければならない仕事があることもあります。同僚から「何で定時に帰らないの? 残業しちゃいけないんだよ」と叱責(しっせき)され、理由を説明しても「しちゃいけないんだよ」の一点張りで白い目で見られます。残業代欲しさに残っているわけではないのに。

 社員は残業の原因を知ろうとせず、結局、正社員の仕事が派遣社員に回されて派遣社員たちだけが残業をせざるを得ない状況があります。政府は、改善策を企業に義務づけるような法律を整えて欲しい。社員も派遣社員も人材・財産という意識改革を願います。」

 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。