So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

働き方も [働く]

 

 

 

 月曜日のテレビ「Youは何しに日本へ」をよく見ます。気づいたのは3週間程度の休暇を取り、日本観光に来る人が多いのです。ドイツの働き方を書いた本を読んだことがあります。休暇がたしか年間100日だったと思います。休んでも困らないように顧客情報などは共有しているという。

 

「(声)労働習慣そのものにメスを 70歳 2018627日朝日新聞

 働き方改革関連法案の行方を注視している。しかし、果たして労働時間だけの問題なのだろうか。

 商社に勤める若い教え子の話である。彼の話によれば、とにかく頻繁にお得意さんを接待する食事会があるという。何軒かはしごして、帰宅が午前3時とか4時とかになることもまれではないそうだ。接待とあれば、関係する部署の部員は仕事の一環として自動的に参加することになる。しかし、これに残業手当がつくことはないだろう。

 また、日本には単身赴任がある。社員の意向には関係なく、他府県に異動を命じられる。子供の教育を考えれば、転居というわけにいかず、単身赴任を選ぶ人も多い。日本は社員ではなく、あくまでも企業中心の社会なのだ。(以下略)」

 

労働組合に御用組合が増えたのでこんなになったのだと思う。個人では太刀打ちできないのでは。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。