So-net無料ブログ作成

メタボ健診で医療費削減できるというカラクリ [医療]

  『医療崩壊の真犯人』は、メタボ健診の数値目標を作った官僚の村上正泰氏の本です。舞台裏を次のように述べています。 「二○ 一五年度までにメタボリックシンド口ームの該当者・予備群を25パーセント減少させるとか、平均在院日数の全国平均と長野県(全国で最短の県)の差を半分に縮小するという、根拠のない数値目標を設定する意味などまったくありはしない。私は当時、厚生労働省においてこの数値目標の設定を担当していたが、「なんらかの指標が必要」という小泉総理の言葉を受けて、仕方なく「えいやっ」と設定しただけの代物なのだ。こうした取り組みの結果、二○ 二五年度にはメタボ健診で二兆円、平均在院日数短縮で四兆円の合計六兆円の医療費が削減できるといっても、だれも信用することはできないだろう」 
P1130041.JPG

まじめに医療費削減可能と言っている人たちはどうなのでしょう。自民党の新綱領は、もっと内容があるものと期待したが、微妙な言い回しの中に本音があるようです。どれだけ自民党の総意になっているかどうかは分かりませんが、次のように述べています。

「我が国は、これらの現実を明るく希望ある未来に変えるため、少子化対策とともに、教育の充実と科学技術開発に国民資源を注力することにより生産性を向上

させ、長寿人口の活用と国民資質の向上、国際化への良き対応により、経済成長が達成でき、国民生活の充実が可能なことを世界に示さねばならない」としています。

報道では、小さな政府論を引っ込めたとしていますが、ここでは経済至上の新自由主義が出されているように読めますが、どうなのでしょう。

  
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ルームランナー

自分自身の健康は、自分で維持しなきゃいけませんね。
by ルームランナー (2010-02-04 10:37) 

通勤フミフミ

メタボだけでなく医療費削減にむけ厚生労働省官僚の暴走が小泉の命とともに事務次官吉田から脈々と続けられてます
健康も自己責任、タバコ吸ってる人は自己責任にしてもらいますが
金喰い虫は健康保険医療費から削り、薬はドラッグストアーで買わせ、病院から患者と医者を叩き出す
タバコはともかく健康は気おつけても自分でどうなるもんでないのですが
”oo様”とか様付けで呼ばれていい気になってる内にえらい事になってますよ
メタボくらいは歩いて対策...........顧問医の嘆き.......
by 通勤フミフミ (2010-02-07 12:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0